プリズムグラフのブログblog

ライツマネージド「rights managed」の意味は?

ライツマネージドとは

ストックフォトサービス(画像・写真素材を提供するサービス。prismgraphもストックフォトサービスです)で販売されている画像は、画像そのものを販売するのではなく、画像を「利用してデザインなどに使ってもいい権利」を販売しています。

この画像を利用する権利を、利用するタイミング毎に都度、許諾を取り結ぶタイプのライセンス形態がライツマネージドです。
使用する媒体や期間、素材のサイズ等よって都度ライセンス料を支払う必要があります。

 

ライツマネージドとロイヤルティフリーの違い

「ライツマネージド」は「ロイヤルティフリー」とよく比較されています。

ロイヤルティフリーとは、一度素材を購入すれば利用回数や利用期間は基本的に制限されず、
何度でも利用する事ができる契約形態です。
(*注意:ロイヤルティフリーの利用規約はストックフォトサイトごと差があります。また第3者への譲渡などはできない為購入者のみの利用に限られる場合が多いです)

ロイヤルティフリーについて(https://prismgraph.jp/blogs/item/royalt-free)


これに対して、ライツマネージドは利用ごとに許諾を結ぶ形を取りますので、
一度購入してしまえば、いつでも、何度でも利用ができるロイヤリティフリーに対し、
ライツマネージドは、使う度にいちいち利用許諾を取り金額を支払う必要があります。

こう聞くとライツマネージドは面倒臭い感じもしますが、
過去にどのような媒体でその画像が使用されていたか、などが管理されていることも多いので、
他デザインでその画像素材が利用されたケースなどを参照し、同じようなデザインとして使ってしまう事などの、クリエイティブが被りを防ぐ事ができます。

作品の独自性やオリジナリティを求める場合はライツマネージドを利用するといいでしょう。

表記のされ方

ライツマネージ、ライツマネージド、RMなどと記載されることが多いです。
【英】rights managed

prismgraph(プリズムグラフ)ではライツマネージドの素材は取り扱っておりません。

prismgraphにはライツマネージドの素材はありません。全てロイヤリティフリーです。

「簡単に」「シンプルに」お使いいただけるものを提供するというサービスのコンセプトに即し、
ロイヤリティフリーのみを提供しています。