プリズムグラフのブログblog

パブリックドメイン(public domain)の意味とは?

写真、絵画、などで使われるパブリックドメイン(public domain)とはなんでしょうか?


パブリックドメインとは知的財産権の保護期間が終了した著作物のことです。
(日本語で表すと「公有」という言葉になるようです。)

著作権は基本的にその製作者がなくなった後も、70年間は著作権法によって保護されていますが、70年を過ぎると著作権の保護期間が終了し、著作物に法的な保護が無くなります。
このような著作権がなくなった著作物をパブリックドメインと呼びます。
(日本は1971年から原則、死後50年が保護の期間でしたが、2018年の法改正により、原則、死後70年となりました)

著作権が消滅するので、その著作物は、誰もが自由に利用できるようになります。

例えば、青空文庫という過去の文豪などの書いた本が読めるサイトがありますがこれは著作権が消滅した物を掲載していますね。

また、あえて著作権をもつ作者自身が権利を放棄した場合も、その著作物はパブリックドメインとなります。
ちなみに、作者が著作権に関して何も言及していないときは、権利放棄ではありません。著作権は原則、製作者が著作権に対して何も言わなかったとしても発生しますので、著作権を明確に「放棄する」という表明を製作者がしている場合に限り、著作権が放棄されたことになります。

パブリックドメインを利用した二次的著作物
パブリックドメインの著作物を利用して新たに作られた作品には
新たな著作権が発生します。
例えば、パブリックドメインとなった絵画を色々集めてコラージュした、新らしいアート作品を作成した場合、また著作権がそのアート作品に対して発生します。